HOME > ネットバンク > 新型定期預金

新型定期預金

ちょっとスタイルの変わった「新型定期預金」が登場して、少々話題になっているようです。この「新型」と通常の定期預金の違いは何か気になるところです。

新型定期預金には、ズバリ満期日が確定していないのです。5年が10年に延長されたり10年が3年に短縮されたり満期日が販売側の銀行の判断で決定するのです。

こんな相手任せの不安定な定期預金、メリットはなに?と思いますよね。
そのメリットとして挙げられるのは、とにかく通常の定期預金より金利がかなり優遇されている事です。

イーバンク銀行では、年1.05%という高金利で、最大5年間で預け入れ後3年目に銀行側が継続かどうかの判断を行うという商品がでていますし、新生銀行も新型定期預金を取り扱っています。

この新型定期預金、金利優遇でかなりお得ですが中途解約の場合はかなりの確率で、元本割をおこす可能性があります。確実に、最大期間まで解約することのない余裕資金を預けることが大事です。